取引先の傲慢社長に中出しされ続けた出張接待。 専属美女、イイ女のスーツ『美』―。 沖宮那美

juq00485pl.jpg

社運の懸かった商談を任され出張に行く事になった那美。この商談を任された理由、それは取引先の大木社長が『女好き』『傲慢』で知れた男だったからだ。社内一美人である彼女を連れて、取引を成功させる目論見だったのだが…。接待が始まると那美は同僚の目の前で、肉体を弄ばれる屈辱的な性接待を強いられてしまう。粘着質なセクハラ性接待を切り抜け宿泊先に戻る彼女だったが、大木による《強●》性接待は始まったばかりで…。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]