窒息するほどのキスと妻を忘れてしまうほどの中出しセックスに溺れた僕。 夏夜える

yuj00018pl.jpg

「キミのこと、ずっと前から気になってたの」飲み会の帰り道、上司の夏夜さんにそう言われて不意にキスされた。僕は結婚しているし、妻の事を愛している。そのことを夏夜さんも知っている筈なのに、全てがどうでも良くなってしまうほどのキスとセックスで僕の心をかき乱してきた。あの日から僕は、夏夜さんの事しか考えられなくなってしまった。

特集
関連記事
スポンサーサイト
[PR]